2009年 07月 23日

暮らしの歴史を感じる町






3連休に行った佐渡にて。
 

2日目も悪天候でカヌーはあきらめ、観光へ。

ありがたい事に車で移動中は雨が降っているものの

観光地に着くと、雨がやむというお天気でした。



--------


宿根木。


a0097151_13254245.jpg


こちらはかつて廻船業で栄えた町。

小さな入り江に100軒近い家屋が寄り添うように建っており

石畳の小路や水路が縦横無尽に延びています。

国の重要伝統建造物群保存地区ですが、みなさん普通に暮らしていました。笑

a0097151_13264770.jpg


道幅が狭い所は本当に狭く、傘をさしてすれ違うのは大変なほど。

でもとっても心落ち着くのは何故でしょう?家の造り方と石畳のせいかな~?

a0097151_1350573.jpg


ちなみに伝統的な家屋の腰板には解体した和船の船板を用いたり

打ち込まれているのも船釘だそう。さすが船大工の町。

写真の家はY字の路の間に建つ、船のような形の家でした。









にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


[PR]

by yuki-asobi | 2009-07-23 13:35 | おでかけ


<< 山の景色      泡となった夢 >>